忘年会が嫌な人に上手な断り方を教えちゃいます【魅力もあるよ】

忘年会が嫌な人に上手な断り方を教えちゃいます【魅力もあるよ】
ゆぴ ゆぴ

忘年会に行きたくない・・・
忘年会嫌だ・・・

12月に入り、あのシーズンがやってきましたね。

そう、忘年会です。

鉄板の社内イベントですよね。

今の時代、会社の人と飲むよりかは自分の時間を過ごしたり、気の合う友人と飲みたいっていう人がほとんどだと思います。

わかります。わかりますよ。

会社の飲み会って、仕事の話ばっかりで面白くないですよね。

なんで業務時間外に会社の人と酒を飲まなきゃいけないんだ?残業代も出ないのに・・・

って思いますよね。

今回の記事では

  • 行きたくない忘年会の上手な断り方
  • 忘年会の魅力

この2点について解説していきます。

目次

忘年会の上手な断り方

画像

以前こんなツイートをしました。

忘年会の断り方ですが、そもそも忘年会は数ある社内イベントの中でも断りやすい部類に入ります。

理由はみんな忙しい時期だからです。

みんな忙しいということは不参加の人が多くなる。つまり、みんなから反感を買わずに断ることができるんです!

忘年会をうまく断るポイントは2つです。

参加不参加を周りと逆にする

忘年会をうまく断るポイントの一つとして、参加不参加を周りと逆にするのがおすすめです。

どういうことかというと、例えば2つの日程で参加募集がかけられた場合に

A日程:参加人数が多い→不参加

B日程:参加人数が少ない→参加

こうします。

忘年会の幹事側としては、参加人数が多い日に忘年会を開催しなければいけませんので、この場合は必然的にA日程に忘年会が開催されます。

こうすることによって、ある程度の参加の意思を見せながらも忘年会は不参加という最強コンボを決めることができます。

行きたくないけど、なかなか断りづらいという人には最適だと思いますので、ぜひお試しあれ。

普通に断る

忘年会のうまい断り方なのに普通に断るってどういうこと?と思った人もいるでしょうが、これ事実です。

12月と言ったら忘年会シーズンです。

この日は先約が入っている、それだけで断れます。

12月はみんな忙しいので、不参加にしてもよほど参加者が多くない限り、なぜ来れないのか聞いてくる人は経験上あまりいません。

だってみんな忙しい時期ですから。

なにかそれ以外で言い訳のパターンがほしい方はこちらの記事でも解説していますのでどうぞ。

あわせて読みたい
社内イベントに行きたくない人必見!上手な断り方を解説します
社内イベントに行きたくない人必見!上手な断り方を解説します社会人生活において避けては通れないものがあります。社内イベント(行事)です。参加したくない人も多いですよね。入社1年目なんかは特に任意という名の強制参加のイベン...

番外編 サイコパスを演じる

世の中にはとんでもない方法で忘年会を断る人が存在します。

例えばかずちかさん(@Kazu_writer)

どういうことかというとこのツイートをご覧ください。

もはやわけがわからないですよね(笑)

わけがわからなすぎて先輩が誘うのを諦めてしまっています。

忘年会に絶対にいかないという鋼の意志を持つ人や、サイコパスと言われてもいいという人は、

ぜひこのサイコパス型の断り方を試してみましょう!!

ゆぴ ゆぴ

難易度高めだけど、
相手が「何それ~笑」って笑ってくれたら案外いけるかも・・・?

上司 上司

もしそうならなくても、
「こいつには何言っても無駄だ」って思わせたら勝ちよ!

かずちかさんも僕とは違った視点で忘年会の断り方の記事を書いているのでぜひご覧ください!

こども喜ぶろぐ
忘年会の断り方と幹事になった場合に出来ること!【実践してみた】
忘年会の断り方と幹事になった場合に出来ること!【実践してみた】会社の忘年会に参加したくない、行きたくないって人は多いですよね。そんな嫌な忘年会の断り方と幹事になった場合に出来ることを実体験を踏まえて記事にしました。忘年会の...

忘年会の魅力(行きたくない人も一応見てほしい)

画像

忘年会のみならず、社内イベント全般にも言えることですが、こういうイベントって全然面白くもないし行きたくもないという人がほとんどだと思います。

僕も社会人1年目はそう思っていたので、大概のイベントは不参加でした。

しかし、先輩からしつこく誘われ、「どうせ参加しなきゃいけないならめいっぱい楽しんでやろう」と思い、参加してみたんですが・・・

めちゃくちゃ楽しかったです。

忘年会にも実は魅力があります。

  • 普段話せない人と話せる
  • 仕事に対する士気を高めることができる
  • 普段とは違う一面を見ることができる

以下に解説していきます。

普段話せない人と話せる

忘年会のみならず、社内イベント全般に言えることですが、こういったイベントは普段話せない人と話す貴重な機会です。

こういったときに仲良くなると、仕事でミスした時に助けてくれたり、根回しがスムーズにいって自分の仕事の幅が広がります。

こういったイベントに参加しない人は、部署の人としか話さないので、社内の人間関係が希薄になります。

ゆぴ ゆぴ

僕はわりと怒られるレベルでやらかしたときに、
イベントで仲良くなっていた人が担当だったおかげで怒られずに済みました

こんな感じで、社内での交友関係を広げておけば、自分が困ったときややらかしたときでもなんとかなることがあります。

仕事に対する士気を高めることができる

12月といえば年末。年を越す前にみんなで集まり、上司が会社の今年の業績について話し、乾杯をする。

これってテンプレですが、忘年会の最大の目的でもあると思うんです。

会社というのは毎年業績が動きますよね。

今年の業績がよかった場合は新年を迎えてからもこのまま頑張っていこう

良くなかった場合は、新年からは気持ちを引き締めて頑張っていこう

こうやって全員の士気をあげる必要があるんです。

ゆぴ ゆぴ

ほとんどの人が「はやく乾杯して酒飲みてえなぁ」と思っているでしょうけど。
(僕もです)

普段とは違う一面を見ることができる

忘年会では、周りの違う一面を見ることができます。

普段不愛想な上司が酔って楽しそうに話す姿や、余興でコスプレをして笑いを取っている人などです。

そこで普段のイメージが崩れて、仲良くなったりします。

余興を無理やりさせる風潮はよくありませんが、人の余興を見るのは楽しいですよね。

社内イベントが楽しくないのは自分が楽しもうとしていないから

画像

ここで気付いたんですが、社内イベントや飲み会に行きたくない人って受け身な人が多いんですよね。

自分から楽しもうとしないなら楽しいわけないじゃないですか。

僕も尖ってた1年目はイベント系はことごとく不参加でしたが、自分からいろいろな人に話しかけたりするうちに、こういったイベントが楽しみになりました。

忘年会をはじめとする社内イベントに参加したくないと思っている人は、一度でいいから「自分から楽しむ」ということを意識して参加してほしいです。

例えば

  • 自分からいろいろな人に話しかけてみる
  • 普段聞けないようなことを聞いてみる
  • 上司が仕事の武勇伝を語りだしたらいいタイミングで別の話に切り替える

このようなことをやるだけでもだいぶ違うと思います。

それでも楽しくなかったのであれば、今後は参加する必要はないです。

それこそ時間とお金の無駄ですので。

忘年会は断りやすいイベントですのでどうしてもいやな人はバンバン断っちゃいましょう!

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次