終身雇用制度の崩壊について考える

終身雇用制度の崩壊について考える

「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言

トヨタの豊田社長が「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」という発言をしたというニュースが話題になっています。

また、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言したようです。

最近の若い世代の人は安定志向が強く、そのための制度である終身雇用制度が崩壊してしまうと、

私たちは今後どうなってしまうのでしょうか。

目次

終身雇用とは

画像

そもそも終身雇用とはなんなのでしょうか。

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。

引用:Wikipedia

年功序列賃金制と並ぶ、日本の伝統的な制度ですね。

そのため、「頑張って大企業に入社すれば定年まで安泰だし、年齢を重ねるごとに給料も上がっていく」という考えが我々日本人には染みついてしまっています。

終身雇用が崩壊したらどうなるか

画像

終身雇用が崩壊するとどうなるのでしょうか。

当然いいことばかりではないです。

若者でも給与が上がるチャンスがある

終身雇用制度が崩壊すれば、長く働いている社員に高額の給与を支払う必要がなくなります。

つまり、能力が高い社員にそれに見合った額の給与を支払えばよくなります。

スキル次第では、若くして出世も可能になるでしょう。

会社に支配されない

終身雇用制度は定年まで働くため、本当は嫌なことでも会社の言うことには従うしかない部分がありました。

転職もしにくい状況ができてしまっています。

しかし、終身雇用制度が崩壊すれば、自分の意志で働き方を選択しやすくなります。

合わないと感じたらもっと自分に合った企業に転職することもできます。

リストラのリスクが高まる

終身雇用が崩壊すれば、会社に支配されない生き方ができるようになりますが、

逆に言えば会社側も従業員を定年まで無理に雇う必要がなくなるということです。

今後は単純な仕事はAIにとって代わられるといいますし、大したスキルを持たない人は容易にリストラされてしまうかもしれません。

終身雇用の企業側のメリット

画像

終身雇用の崩壊で日本の働き方がよくなるかというとそういうわけではありません。

終身雇用にもメリットはあります。

企業側は育成コストの削減と長期的な指導による技術やノウハウの蓄積が主なメリットとなります。

人材育成がしやすい

終身雇用は長期的な視点での人材育成がしやすいです。

新しく入社した人材が数年でやめてしまい、人の入れ替わりが激しくなってしまうと、また一から仕事を教える手間が発生します。

また、長く働ける=ベテラン社員が多い という特徴があります。

そのため、後続に技術やノウハウの伝承がしやすいというメリットもあります。

従業員の忠誠心の形成

終身雇用は定年まで従業員を雇いますので、従業員の会社に対する忠誠心が高くなります。

会社に対して献身的に働いてくれるので、定着率も上がり、強固な信頼関係を築くことができます。

また、定年までの安定した雇用を保証しているのでその代わりに、転勤や異動もさせやすいです。

雇用の保証と引き換えに社員の「囲い込み」を行うことができます。

終身雇用の労働者側のメリット

画像

逆に労働者側のメリットは生活の安定、これにつきます。

安定した生活

終身雇用と年功序列はセットなので、会社に在籍すればするほど給与は上がっていきます。

黙っていれば時間こそかかりますが、どんどん昇給していくのでよほどの理由がなければ転職をする必要性があまりありません。

また、雇用が保証されているので、安定した生活を送ることができます。

家を建てたり、車を購入するなどのローンも組みやすく、将来設計がしやすいです。

終身雇用のデメリット

画像

やる気のない社員の発生

終身雇用は定年まで安定して働ける制度ですので、安心感があります。

その安心感にかまけて最低限の仕事だけやり、あとは適当にするようなやる気のない社員が発生します。

ある程度出世したやる気のない社員がいれば当然高額の給与を払い続ける必要が出てきます。

女性が活躍しにくい

終身雇用は定年まで雇用を保証する制度ですが、女性は結婚や出産で寿退社したり、育休を取得する人が多いです。

どちらも大変おめでたいことですが、男性よりどうしても辞める確率が高くなってしまいます。

そうなると企業側としてはあまり採用したくないという気持ちがでてきますし、昇進させづらくなってしまいます。

バリバリ働きたい女性も一定数いるので、そういった女性は結婚を諦めたりする人もいるそうです。

異動・転勤の強要

異動や転勤をさせやすいという企業側にとってはメリットですが、従業員側からするとデメリットになります。

異動や転勤をすることで、様々な経験を積み、成長することができるのは事実ではあります。

しかし、結婚したり家を建てたあとに県外への転勤を命じられたりすると、家族を支えるために従業員は断ることができない状況になってしまいます。

終身雇用崩壊後の社会を生き抜くためには

画像

終身雇用が崩壊した後、我々はどうやってこれからの時代を生き抜けばいいでしょうか。

それは以下の二つです。

自分のスキルを高める

複数の収入源を持つ

今後はただボーッと仕事をしているだけでは周りとどんどん差が開き、置いて行かれるでしょう。

自分の会社でしか通用しないようなスキルでも、身に着ければかなり重宝されます。

今後の選択肢を増やすために汎用性のあるスキルを身に着けるのもいいと思います。

とにかくスキルアップして自らの価値をとことん高める必要があります。

また、複数の収入源を持つことも重要です。

会社から解雇されても最低限生きていけるぐらいの収入源を持つことが必要となります。

副業を解禁する企業も増えてきましたが、まだほとんどの企業は副業禁止です。

しかし、今後はどんどん解禁されていくと思います。

僕はそれを見越してこうやってブログを始めています。

動き出すのは早いほうがいいでしょう。

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次