仕事中の眠気とオサラバ! おすすめの眠気対策10選

仕事中の眠気とオサラバ! おすすめの眠気対策10選

仕事中に突如やってくる眠気。

特に午後1時~3時あたりの眠気はみなさんもよく経験されているのではないでしょうか。

なんなら一日中眠いという方もいるかもしれません。

僕も入社2年目くらいまではよく居眠りをしていました(笑)

しかし、これまで様々な対策を行ってきたおかげで、

今では眠たくなる日があっても、なんとか1日乗り切れるようになりました。

今回は僕が今まで行ってきた眠気対策を紹介したいと思います。

目次

そもそもなぜ仕事中に眠くなる?

画像

仕事中に眠気がくる原因として、

昼食を食べることによって血糖値が~とか、脳に血液が行かなくなるから~とかよく言われていますが、

割と諸説あるらしいので今回は解説しません。

仕事中に眠気がくる原因は主に二つあります。

睡眠不足

平日から飲みに行ったり、遅くまでゲームをするような生活を送っていたら当然次の日は眠くなりますよね。

TwitterやYouTubeも気が付いたらけっこう時間がたってしまいます。

人によって最適な睡眠時間は異なりますが、最低でも6時間は確保したほうがいいでしょう。

ちなみに僕は基本7時間半くらい寝ています。

また、PCやスマホを見るとブルーライトで自律神経が刺激され、目がさえてしまいます。

なるべく寝る前にはスマホをいじらないようにしましょう。

仕事がなくて暇している

どんなに睡眠時間を確保しようが、仕事がなくて暇な状況では必ず眠くなります。

何もすることがないので、ぼーっとするしかないからです。

入社当初の僕の眠気の原因のほとんどがこれだったと思います。

うまいことペース配分して暇な時間をなるべく作らないようにしましょう。

眠気が来た時の対策7選

画像

ここからは仕事中眠気が来た時の対策を紹介していきます。

人によって効果が違うものが多いですが、見ていきましょう。

仮眠をとる

おすすめ度  ★★★★★(まじおすすめ)

前日寝るのが遅くなったときや、午後眠くなる予感がしたときは昼休みに仮眠を取ることをおすすめします。

15分くらい寝るだけで午後からすっきりして仕事ができます。

30分以上寝ると逆効果なので、15分~20分がベストです。 

本当におすすめなので満点の星5つです。

息を止める

おすすめ度  ★★☆☆☆(その場しのぎ)

眠気が来たら息を止めると、脳に酸素が行き渡らなくなるため、目が覚めます。

可能な限り息を止めてみましょう。

成功すれば眠気が覚めますが、割とすぐ復活するので星二つです。

 ガムを噛む

おすすめ度  ★★★☆☆(口に入れたまま寝たことがある)

ガムを噛むと脳が刺激され、眠気が覚めます。

普段ガムをあまり食べない人はかなりおすすめです。

僕は1つのガムを一時間くらい噛み続けるので、単純計算仕事中に7個は食べています。

ここまでくると常にガムを噛んでいるので、脳への刺激はほとんどなくなってしまいます。

そのせいもあってか、僕はガムを口に入れたまま寝たことがあるので星3つです。

耳を引っ張る

おすすめ度  ★★★★☆(痛い)

耳には多くのツボが集中しているので、耳を上下左右に強く引っ張ることで眠気が覚めます。

しかし、耳をぐりぐり引っ張るという行為は意外と目立ちますし、眠いということが周りにばれやすいです。

そしてなにより痛いです。

がしかし効果はあるので星4つです。

雑談する

おすすめ度  ★★★★★(かなりおすすめ)

会話をすれば脳が活性化されますので、雑談はかなりおすすめです。

さすがに会話中に突然寝落ちする人はいませんよね?笑

眠くなったらとりあえず誰かに話しかけてみましょう。

星5つの雑談をしたい方はこちら↓

職場での雑談力を上げる3つのコツ

ツボを押す

おすすめ度  ★★☆☆☆(よくわからない)

眠気を覚ますツボといっても複数あるらしく、パッと思い出せないのが正直な感想です。

しかし、人によってはバリバリ効くかもしれませんので、紹介します!

眠気に効くツボとしては「百会(ひゃくえ)」「風池(ふうち)」「中衝(ちゅうしょう)」という3つのツボが有名で、周囲にも眠気対策だとバレにくいツボです。 百会(ひゃくえ)は頭頂部にあります。両手の人差し指で押しましょう。風池(ふうち)はうなじの外側で髪の生え際部分にあります。ここも両手の人差し指なら押しやすいです。中衝(ちゅうしょう)は手の中指の爪が生えている根元の人差し指側です。反対の手の親指と人差し指で挟むようにして押しましょう。

引用:会議前や会議中でもできる!今すぐ眠気を吹き飛ばす9つの裏ワザ

覚えにくいし、効いている実感はあまりないので星2つです。

カフェインを摂取する

おすすめ度  ★★★☆☆(人によっては効果あり)

コーヒーや緑茶,エナジードリンクに含まれているカフェインは脳を覚醒させる効果があります。

しかし、日常的にこれらを飲んでいる人はかなり効果が薄いでしょう。

また、カフェインが効果を発揮するまでにタイムラグがあるので、即効性がないという点も考慮して星2つです。

ゆぴ直伝!てっとり早く眠気を覚ます方法

画像

いくつか眠気対策を紹介してきましたが、ここからは居眠りの常連だった僕が本当におすすめする即効性のある眠気覚ましの方法を紹介します。

顔を洗う

おすすめ度  ★★★★★(即効性抜群)

トイレに行って顔を洗うと目が覚めます。

即効性では断トツだと思います。

しかし、そのあとぼーっとするとすぐに眠気がカムバックするので気を付けましょう。

書類を整理する

おすすめ度  ★★★★★(まじおすすめ)

仕事が何もなくて暇なときにPCの画面をぼーっと見るのが一番危険です。

そういうときは手を動かすに限ります。

そこで書類整理をすることで整理整頓もでき、目も覚めるので、仕事がなくて暇なときは書類整理をしましょう

デスクもきれいになり一石二鳥です。

いっそ寝る

おすすめ度  ★★★★☆(最終手段)

眠気と戦っているうちにどんどん視界が暗くなっていき、必死に抗うのもいいですが、

いっそのことそのまま身を委ねてみてはいかがでしょうか。

周りに見られるリスクはありますが、数分経った頃にハッとなって目が覚めると意外とスッキリしているんですよね。

色々試しても眠い時はばれないように仮眠しちゃいましょう。

まとめ

画像

仕事中に眠くなることは誰しもがあることです。

眠気を覚ますにはいろいろな対策がありますが、人によって向き不向きがあるので、日頃から実験してみましょう。

その中でもおすすめなのがこちらになります。

  • 仮眠を取る
  • 雑談する
  • 顔を洗う
  • 書類を整理する
  • いっそ寝る

明日から仕事中に眠くなった時はこの中から試してみてください。

きっと眠気とオサラバできると思いますよ。

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次