軽減税率とは?わかりやすく解説します。【具体的事例7選】

軽減税率とは?わかりやすく解説します。【具体的事例7選】

令和元年10月1日より、消費税が10%に増税されます。

金額の計算はしやすくなりますが、我々消費者からすると家計が圧迫されてしまいますよね。

その対策として「軽減税率」という制度があります。

今回は軽減税率について具体的事例を交えながらわかりやすく解説していきます。

目次

軽減税率とは?

画像

軽減税率とは、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることです。

今回の増税では低所得者層の負担を少しでも減らすため、「酒類・外食を除く飲食料品」「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」が消費税8%のまま据え置かれます。

詳しく見ていきましょう。

「酒類・外食を除く飲食料品」

ここでいう「飲食料品」は「一般に人の飲用又は食用に供するもの」です(そのままですが)

これらは基本的に8%となります。

しかし、

  • 酒類
  • 外食
  • ケータリング・出張料理等

これらは例外として10%で計算します。

外食にあたる標準税率(10%)

  • 牛丼屋・ハンバーガー店での店内飲食
  • ピザ屋,寿司屋の店内飲食
  • フードコートでの飲食
  • ケータリング,出張料理等
  • コンビニのイートイン

要するに店内飲食は10%ということですね。

ケータリングは簡単に言うと出張レストランみたいな感じです。

外食にあたらない軽減税率(8%)

  • 牛丼屋・ハンバーガー店のテイクアウト
  • ピザ屋,寿司屋等の出前
  • 有料老人ホーム等での食事の提供
  • コンビニの弁当・惣菜

要するに店内で食べずに持ち帰れば8%ってことです。

有料老人ホーム等での食事の提供はケータリングに当たりますが8%となります。

ここで勘のいい人は気づいたかもしれませんが、外食する方が圧倒的に損ですよね。

テイクアウトできる店でわざわざ店内で食べる必要がなくなってしまうわけです。

飲食店にとっては店内がガラガラになってしまうのはかなりの痛手でしょう。

「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」

定期購読している新聞は消費税が8%になります。

しかし、コンビニで購入した新聞や電子新聞は10%です。

これはあまり意味がわかりませんよね。



具体的事例をわかりやすく解説!

画像

説明だけ聞いてもイメージが沸かない人も多いと思いますので、

消費税が8%なのか10%になるのか身近な事例で解説します。

ファーストフード店

マクドナルドをはじめとするファーストフード店は

  1. テイクアウト→8%
  2. 店内で食べる→10%
  3. テイクアウトすると言ったが、やっぱり店内で食べた→8%

問題は3ですね。

あくまで会計の時にテイクアウトか店内で食べるかを決め、消費税が確定するので、

こうしてしまえば理論上店内で8%で食事ができます。

今後この方法で店内飲食する人も当然出てくると思いますが、店側は黙認せざるを得ないのかもしれません。

コンビニ

コンビニ(イートイン有り)でパンを購入したとします。

  1. そのまま帰って食べる→8%
  2. 店内のイートインで食べる→10%
  3. 帰って食べるつもりで購入したが、やっぱりイートインで食べた→8%

ファーストフード店と同じ理論ですね。

こうなってしまうと、店側も会計時にどこで食べるのか逐一聞く必要が出てきます。

レジも混雑してしまうので、「イートインを利用する方は申し出てください」のようなスタンスになるのではないかなと思います(申し出れば10%になるので、申し出る人は少ないかもしれませんが・・・)

フードコート

  1. フードコートで食べる→10%
  2. フードコートで買った食べ物を持ち帰る→8%

フードコートで買った食べ物を持ち帰ることってほとんどないと思いますけどどうなんでしょう。

屋台(おでんやラーメン)

  1. 屋台にテーブルや椅子、カウンターがある→10%
  2. テーブルや椅子、カウンターがない→8%
  3. テーブルや椅子、カウンターがあるが、近くの公園のベンチで食べる→8%

もうわけがわからなくなってきましたね。

簡単に言うと、

テーブルや椅子、カウンターは飲食設備とみなされます。

飲食設備がある場合、「食事の提供」となり、消費税が10%になります。

逆に飲食設備がない場合は「飲食料品の譲渡」となり、消費税が8%になります。

立ち食いスタイルの屋台はカウンターで食べるので10%です。

ノンアルコール飲料

酒は問答無用で10%ですが、ノンアルコール飲料は

  1. 持ち帰る→8%
  2. 店内で飲む→10%

となります。

いちご狩り

  1. いちご狩りをする→10%
  2. いちごを買って帰る→8%

となります。

他にも釣り堀や潮干狩りも同じです。

バーベキュー

バーベキュー施設から食材を購入する場合は10%となります。

今後は事前に食材を買っていくほうがお得になるということですね。

もしくは施設の近くにバーベキュー用の食材を販売するお店ができるかもしれませんね。

まとめ

画像

いかがでしたでしょうか。

説明だけ聞くとややこしいですが、軽減税率はの対象となるものは2つあり、それぞれ

飲食→イートインやレストラン、フードコートで食べる分は10%、持ち帰れば8%

新聞→定期購読8%、それ以外は10%

となります。

ひとまずはこれだけ押さえておけば問題ないでしょう。

テイクアウトや出前ができる飲食店は、空席が目立つようになるかもしれませんね。

逆にテイクアウト専門店が増えたりするかもしれません。

今回の記事は消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)

をもとに解説しています。

他にも具体的事例が記載されていますので、気になった方は勉強されてはいかがでしょうか。

それではまた!

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次