社会人でブログをやるっていいことしかないのでは・・・?【メリットだらけ】

社会人でブログをやるっていいことしかないのでは・・・?【メリットだらけ】

毎日が会社と家の往復で、休日はダラダラしてしまう。

趣味もなければ遊ぶお金もない・・・

どうにかして現状を変えたい

そう思っている社会人の方にはブログがおすすめです。

むしろ社会人こそブログを始めたほうが絶対にいいです!

ブログを始めて4ヶ月のヘッポコブロガーでもそう思うのですから間違いないです。

終身雇用の崩壊が叫ばれていたり、副業を解禁する企業が増えている今だからこそ、その選択肢の一つとしてブログがあります。

今回は社会人がブログをやるメリットを解説します。

目次

社会人がブログを始める5つのメリット

画像

険しい道のりだが、月数百万稼げる可能性がある

これだけですげえと思った人もいるんじゃないでしょうか。

ブログを続けていれば月数万円~数百万円稼げる可能性があるんです。

想像してみてください。

今の生活にプラスして月数万円~数百万円の副収入があったら・・・

ウハウハですよね笑

ただし、月数百万円とかは果てしない努力が必要だと思います。

僕もたったの4か月しかブログをやっていませんが、収益は4桁いかないくらいです。

ブログは稼げるポテンシャルはあるけど、簡単には稼げないということだけは頭に入れておいてください。

スキルアップできる

この記事を読んでくれている皆さん、普段からインプット・アウトプットできていますか?

恐らくほとんどの方ができていないのではないでしょうか。

社会人生活をなんとなく過ごしてしまうと、 インプット・アウトプット の機会が皆無なんですよね。

それでは自分自身のスキルアップは見込めません。

会社での仕事のスキルは年数を重ねるごとに上がっていきますが、それはその仕事でのスキルアップの話なんですよね。

ブログを書くためには下調べをしたり、デザインや広告の配置やマーケティングなど、突き詰めればキリがないくらい勉強する必要があります。

文章力も必要です。

読者に有益な情報を提供し、収益を得るためにはこれらのインプットは必須になります。

そしてブログ記事を書いて世に発信すればそれがアウトプットになります。

このように、 インプットとアウトプットを繰り返すことにより、自分自身のスキルアップに繋がります。

本業とのシナジー効果が期待できる

ブログを続けていると、本業のどこかでブログで得た知識やスキルを活かせる場面があります。

例えばブログを続けていると、文章力が上がってきます。

そうすると、会社で文書を作成するときや、説明するときに要点を簡潔に伝えることができるようになります。

かくいう僕も最近会社で、

「前に比べて文章がわかりやすくなったね!」

と褒められました。

ついこないだまでは赤ペンで怒涛の修正が入っていた僕がです。

たった4ヶ月ブログをやっただけでも効果を実感しているんですから、1年・2年と継続していったらもっといろいろなところで活かせるでしょう。

また、他のブログを読んで本業に活かせるような記事を見つけて実践するのもいいですね。

これも前述した インプット・アウトプットになります。

自分の意見を世に発信できる

社会人生活を送っていて、自分の意見を大勢に発信できる機会ってほとんどないと思います。

せいぜい朝礼か会議の場くらいでしょうか。

会社によっては下手に意見を言ってしまうと評価が下がってしまうリスクもあります。

会社だけでなく、世間を騒がせているニュースやちょっとした意見や感想をぶちまけたい・・・

ブログがあるじゃないですか!!

あなたの意見や感想を記事にすれば全世界に発信できちゃいますよ!!

これって普通に考えてすごいことですよね。

(検索順位だの初めは人に見られないことはいったん置いときます)

知らない誰かの役に立つことができる

ブログを書いていると、

ゆぴ ゆぴ

こんな記事誰が読むんだ・・・

みたいな記事ができることがあります。

しかし、僕はSNSを通してお礼のコメントを頂いたことがあります。

ブログを始めたばかりの頃だったので飛び上がるほど嬉しかったことを覚えています。

ゆぴ ゆぴ

自分にとってはあまり価値がないと思っていても、誰かにとっては有益な情報であることもあるんだ・・・!
と思った瞬間でした。

自分の書いた記事で顔も名前も知らない誰かに喜んでもらえるってめちゃくちゃ嬉しくないですか?

社会人がブログを始めるデメリット

画像

このようにメリットだらけのブログですが、少なからデメリットも存在します。

それでもメリットのほうがはるかに大きいです。

収益化に時間がかかる

前述したように、ブログには月数万円~数百万円稼げるポテンシャルを秘めていますが、それはコツコツ継続してかなりの努力をした人がやっと達成できる領域です。

(ごくまれに1年以内に達成してしまう化け物もいます)

今めちゃくちゃ稼いでいるブロガーも、数年間本気でブログに取り組み続けた結果そうなっているのであって、簡単に稼げるわけではないということを再認識してもらいたいです。

また、 ブログを始めたからといってすぐに収益化できると考えるのは大間違いです。

とりあえずブログで副収入が欲しいからブログを開設したら最初に立ちはだかる壁が

Google Adsenseです。

合格すればブログ内に広告を貼り付けることができるようになりますが、審査が厳しく、何十回も落ち続ける人もいるくらいです。

そしてアドセンスに合格すればすぐに広告がクリックされ、収益が発生するかというと全然そんなことないんです。

そのため、初めて収益が確定した時はめちゃくちゃ嬉しかったです。

ゆぴ ゆぴ

1円を稼ぐのってこんなに難しいんだと思うのと同時に、1円のありがたみも感じました。

他にも収益化の方法として、アフィリエイトやAmazonアソシエイトがありますが、すぐに登録できるものもあれば、審査があるものもあります。

せっかくアドセンスに合格しても収益はなかなか発生せず、むなしい期間が続きます。

僕も現在進行形でその状況です。

そういう背景もあってか、同時期に始めたブログ仲間も3ヵ月経つ頃にはかなり人数が減ってしまいました。

気軽に始めることができる反面、辞めてしまう人も多いのがブログなんです。

なので、初めは収益が出たらラッキーくらいの気持ちで、まずは継続することに重きを置いて記事を書くほうが精神衛生上いいです。

かといって継続さえすればいいというわけでもない

まずは収益化を気にせず、記事を量産することが大切なのは間違いないのですが、質の低い記事を量産しても意味がありません。

とにかく記事を書き続けていればいつか日の目を見るかといえば全然そんなことはないと思います。

僕も4ヶ月で40記事程度書いていますが(少ないですね)、その中でコンスタントに読まれている記事はせいぜい5~6記事くらいです。

割合にして10%~15%といったところでしょうか。

要するに、残りの85~90%くらいは、現状読者にとってあまり価値のない記事と言い換えることができます。

このように、中身のない記事を量産するだけでは、到底収益化は見込めないです。

なので、ただ継続するだけではなく、常に自分のブログを分析しながら試行錯誤して改善していくことが必要になります。

社会人は時間の確保が難しい

社会人がブログをやる上で最大の障壁となるのが「時間」です。

1記事書くスピードは、最初は3時間以上かかることがザラです。

1記事書くには

  • キーワードの選定
  • 画像探し(アイキャッチ画像など)
  • 下調べ
  • 記事の構成を考える
  • 記事を書く
  • 記事の見直し

ざっくり言ってもこれくらいあります。

これらをこなすためにはある程度まとまった時間が必要になります。

社会人であれば、定時退社すればこれらの時間を確保することは可能ですが、残業がある会社だったり、家族がいる方はそうはいきません。

必然的にブログが後回しになってしまい、モチベーションの低下につながってしまいます。

そのため、社会人ブロガーは、ブログに使える時間を確保することが最優先事項になります。

社会人こそブログはおすすめ!まずは始めてみよう

画像

ブログはうまくいけば数万円~数百万円稼げるポテンシャルを秘めています。

また、自分自身のスキルアップに繋がり、本業とのシナジー効果が見込めます。

収益化の道のりが険しい、時間の確保が難しいといったデメリットも存在しますが、そういったやらない理由を探しているのではいつまでたっても現状維持のままです。

時間の確保が難しいのであれば、更新ペースは落としてもまずは継続する。

試行錯誤しながらコツコツ続けていけば収益化できる可能性があります。

会社と家の往復で趣味も特にない、副収入が欲しい、といった方はブログを始めてみましょう!

あわせて読みたい
ブログを無理して毎日更新する必要はないと思うよ【よそはよそ、うちはうち】
ブログを無理して毎日更新する必要はないと思うよ【よそはよそ、うちはうち】「ブログは毎日更新するべき」このようなことがよく言われていますが、みなさんのブログの更新ペースはどのくらいでしょうか。Twitterなどでブログ仲間と繋がっている人...

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次