【ゴルフ】初めてのラウンドのスコアはどれくらい? 心がけることはある?

【ゴルフ】初めてのラウンドのスコアはどれくらい? 心がけることはある?

ゴルフ初心者が最初に通る道である初ラウンド。

わくわくする気持ちもありますが、最初は不安のほうが大きいですよね。

周りの人のスコアは100切っている人ばかりだけど、初めてのラウンドでは大体どのくらいのスコアになるんだろうと思う方もいると思います。

この記事では以下について解説していきます。

  • ゴルフ初心者の初ラウンドのスコア
  • 初ラウンドのときに心がけておくべきこと

前回の記事はこちら↓

【社会人の趣味】おすすめはゴルフ!! メリットとデメリットを解説します

目次

ゴルフ初心者のスコアはどれくらい?

画像

ゴルフ初心者の初ラウンドのスコアはどれくらいなんでしょうか。

初めてコースデビューした方の平均スコア

では、130~140が最も多く、次いで140~150くらいの人が多いようです。

僕の初ラウンドのスコアは165でした。

18H回って165なので、前半後半で80弱叩いているということですね。

ゆぴ ゆぴ
僕は平均より多く叩いてるみたい^ ^

ちなみに僕の周りでは大体140~180くらいの人がほとんどでした。

初めてのラウンドで心がけるべき3つのこと

画像

スコアも気になるところですが、初めてのラウンドでは

「下手くそなりに迷惑をかけないよう努力すること」を意識してください。

誰だって最初は下手くそですし、一緒に回る人は理解もしてくれます。

しかし、初心者とはいえあまりに堂々とされていてはさすがにむかつきます。

ゴルフで一番やってはいけないことはスロープレーです。

スロープレーは一緒の組にも後ろの組にもかなりの迷惑がかかります。

そこでスロープレーをしないためにも心がけておいたほうがいいことをいくつか紹介します。

常に走って移動する

ゴルフ初心者は初ラウンドではナイスショットはほぼ出ないです。

ほとんどが右に行ったり左に行ったり、チョロしたりといいた具合になります。

これゴルフをやっているとわかるようになるんですが、

10ヤードくらい飛ばしてダラダラ歩いている人がいたら

ゆぴ ゆぴ
下手くそなのはいいけど、せめて急ぐ素振りは見せろよ・・・

って周りは思います。

初心者にできることはとにかく走り、すぐに球を打つことです。

移動するときは走るようにしてください。

最初はそれだけ意識するだけでもかなり違います。

構えたらすぐに打つ

これもゴルフをやっているとわかるようになりますが、

素振りを何回もしたり、構えてから球を打つまでにめちゃくちゃ時間がかかる人がいます。

これもかなりストレスが溜まるんです。

時間をかけてナイスショットが打てるならそれでもいいですが、

初心者は必然的に打数が多くなるため、1球打つまでに時間がかかるとかなり時間をロスしますし、周りも待ち時間が発生します。

素振りは1回に抑えて、構えたらすぐに打つようにしましょう。

クラブは2~3本持っていく

クラブは番手ごとに大体何ヤード飛ぶというのがあります。

例えば7番アイアンは男性で140ヤードくらい飛ぶクラブですが、

ピンまで残り140ヤードくらいだからといって7番アイアンだけ持っていくというのは絶対にNGです。

なぜなら、そこでミスした場合、カートまでクラブを取りに行かなくてはならないからです。

ダッシュで取りに行くならまだ許せますが、歩いて取りに来ようものなら怒られること間違いなしです。

ミスした時の事を考え、常に2~3本クラブを持っていきましょう。

初めてのゴルフではスコアよりもまずは楽しむことが大事

画像

ゴルフ初心者はスコアを気にしてしまいがちですが、一番大切なことは

あなた自身がゴルフを楽しむことです。

きっかけは人それぞれでしょうが、最初は誰だって下手なんです。

スコアのことばかり気にしても意味ないです。

どうせいいスコアは出ないですから。

いいスコアが出ないことが分かっているなら、初回は雰囲気をつかんだり、ゴルフそのものを楽しむことに全力を尽くしましょう!

そして周りになるべく迷惑をかけないことも大切です。

初めてのラウンドでは

  • スコアは気にしない
  • 常に走って移動する
  • なるべく早く打つ
  • クラブは2~3本持っていく
  • とにかく楽しむ!

この4点を意識しておけばあなたの初ラウンドは成功すること間違いなしです!

この記事を読んでくれたあなたのゴルフ生活のいいスタートが切れますように!

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次