説明上手な人の特徴7選と説明上手になる方法

説明上手な人の特徴7選と説明上手になる方法

突然ですが皆さん、

何かを説明するのは得意ですか?

仕事をする上でも上司や部下に説明をする機会が必ずあると思います。

自分ではわかりやすく説明しているつもりでも、

「何を言っているのかわからない」と言われたことありませんか?

僕はあります(笑)

どうせなら説明上手になりたいですよね。

そこでこの記事では以下について解説していきます。

説明上手な人の特徴

すぐに実践できる説明上手になるためのトレーニング法

目次

説明上手は誰でもなれる

画像

説明するのが苦手な人は多いと思います。

僕も得意ではないです。

しかし、僕は後述するトレーニングを行ったおかげで、説明することが前より楽になりました。

それでもたまに支離滅裂な説明をすることがありますが・・・笑

実は説明上手な人には共通する特徴があります。

これらを押さえておけば誰でも説明上手になることができます。

説明上手な人の特徴7選

画像

説明する内容を理解している

これが一番大事です。

話す以前の問題になりますが、説明上手な人は自分が説明する内容をきちんと理解しています。

自分がよく理解していないのに人にわかりやすく説明できるわけないですよね。

人に何かを説明するときは必ずその内容を理解しておくことが必須となります。

簡潔に話す

説明上手な人は簡潔に話をします。

「たくさん話したほうが情報量も多くなるし、相手に理解してもらえるんじゃないの?」

なんて思った方、要注意です。

たくさん話せば話すほど情報量も多くなり、どこが大事なのか、そもそも何の話なのかを見失ってしまいます。

簡潔に要点だけを説明することで、相手に話を理解してもらうことができます。

結論から話す

説明上手な人は結論から話します。

さらに言えば、結論→理由→具体例や詳細という型を基本に話をします。

そのため、相手はそのあと話す内容がスムーズに頭に入ってきます。

それに対し、説明下手な人は最初から全部説明して最後に結論に達します。

そのため、最後まで話を聞かないと結論が見えてこないんです。

なので「結局何が言いたいの?」と言われてしまうわけです。

ハキハキ話す

説明上手な人はハキハキと喋ります。

どんなにいい説明をしていても、ボソボソ喋っていると聞きづらいですし、自信がないように聞こえてしまいます。

説明するときはいつもより大きな声でハキハキと喋りましょう。

ポイントを宣言する

説明上手な人は話のポイントや理由を先に宣言します。

このことについてですが、理由は○つあります」

みたいな感じですね。

先に宣言しておくことで、そこから相手も集中して話を聞くことができます。

長々と話していると、どこが大事な部分なのか見失ってしまいます。

余計な話をしない

説明上手な人は、余計な話をしません。

説明が下手な人はわかりやすくするために余計な具体例を入れたり、言わなくてもいいことを言います。

その結果、話の大事な部分がわからなくなってしまい、結局何が言いたいのかわからなくなってしまうわけです。

専門用語を多用しない

専門用語って頭がよさそうに聞こえますよね。

どんなに簡潔に説明していたとしても、

「このアジェンダのエビデンスは3つあります」とか言われても頭の中は?でいっぱいになります。

専門用語や意識高い系のワードは、全員が知っているわけではありません。

誰が聞いてもわかりやすい説明を心がけましょう。

説明上手になるためのトレーニング法

画像

それでは説明上手になるためのトレーニング法を紹介します。

説明下手な僕が日ごろから実践していることですので、効果は保証します!

紙に書き出してから説明する

まずは説明をする前に紙に書き出してみましょう。

結論は何か、その理由はいくつあって、みたいな感じです。

紙に書き出すことで自分の頭の中も整理され、話しやすくなります。

また、その紙を持っておくことで、説明中のカンペとしても使うことができます。

説明下手な人は頭に浮かんだことをそのまま話そうとするので、いざ口に出してみると順序もおかしくなり、支離滅裂な説明になってしまうのです。

場数を踏む

家族や身近な友人との会話で簡潔に説明してみましょう。

気軽に話せる人の前では緊張せずに思う存分練習できます。

最近会った嬉しいことを話すだけでも、十分なトレーニングになるでしょう。

深く深く考えてみる

説明する内容を理解することが大切と言いましたが、表面的なところだけでなく、そこから少し突っ込んだところまで深く考えてみましょう。

なぜなら説明をするということはそれに対して質問されることもあるからです。

この説明をすると、どんな反応が返ってくるのか等を予想しながら考える癖をつけると、より説明上手に近づけますよ。

まとめ

画像

説明するのが苦手な人も多いかと思いますが、説明上手な人には共通の特徴があることがわかっていただけたかと思います。

とはいえ一朝一夕でできるようになるわけがありませんので、

まずは家族や友人と話すときに練習したり、会社で何か説明をするときに紙に書き出してから説明することを心がけてみてはいかがでしょうか。

朝礼などでスピーチをする機会がある人はそこで練習してみるのもいいかもしれません。

普段は無駄としか思っていない朝礼も自分のために役立てちゃいましょう!

朝礼についての記事はこちら↓

朝礼が無駄だと思う4つの理由

僕ももっと説明上手になれるよう日々精進していきます!

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次